スキンシップ、ボディタッチなどが苦手な人がまずやるべきこと

恋愛全般

 

こんにちは。

 

マジメでおとなしい人でもできる【誠実系】ストリートナンパを実践、指導させていただいています。

 

北本要です。

 

 

 

今日は既成事実について話します。

 

 

女性と仲良くなりゲットしていく上で

 

 

・手繋ぎ

 

・ハグ

 

・肩を抱く

 

・キスをする

 

 

といったボディタッチや

 

既成事実を踏んでいくことが

 

1つ重要な要素になるということは

 

多くの人が感じていると思います。

 

 

 

そして

 

「頭では分かってはいるけど

 

実際のアポでうまく行動できず失敗してしまう」

 

そういう人が多いことも

 

私は知っています。

 

 

 

 

今日のポイントは

 

 

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

 

 

恋愛の失敗には

 

・食い付きが低いのに

 

 突っ込みすぎて好意を下げ撃沈

 

・食い付きがあるのに

 

 突っ込めず好意を下げ撃沈

 

の2つがある

 

 

結局のところ

 

皆これを繰り返して

 

天井や地面に何度も衝突しながら

 

空気感や感触を掴んでいる

 

 

攻めすぎる人は冷静に

 

慎重すぎる人はもっと積極的にいくべき

 

 

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

 

 

ということになります。

 

 

 

 

そしてまず

 

あなたにハッキリと自覚して欲しいのは

 

「あなたはこのどちらのタイプなのか?」

 

ということです。

 

 

 

 

 

 

<攻めすぎて失敗する人に意識してほしいこと>

 

 

まず、1つ目のパターンです。

 

 

もし、あなたが女性とのアポで

 

手繋ぎやハグなどをわりと積極的に行うタイプで

 

 

・それで上手くいくこともあるが失敗も多い

 

・いつも突っ込みすぎて失敗している

 

 

という場合は

 

女性と既成事実を踏んでいく中で

 

行動は起こしつつも

 

「今よりも冷静に相手を見る」

 

というクセをつける必要があります。

 

 

 

つまり、自分の今やっていることが

 

相手の好意レベルとマッチしているか

 

流れやタイミング的に不自然でないかなどを

 

キチンと判断していくことが必要になります。

 

 

 

行動した結果

 

それが行き過ぎた行動になっていないかを

 

自分自身で見極めていけるように

 

なっていきたいわけです。

 

 

 

これができるようにならないと

 

毎回同じ失敗を繰り返してしまいます。

 

 

 

では、この見極めをしていくには

 

何を意識すれば良いかですが

 

それをこれから話します。

 

 

 

 

 

 

<相手の反応を3段階で見る>

 

 

私がアポ現場などで

 

 

・手繋ぎ

 

・ハグ

 

・肩を抱く

 

・キスをする

 

 

といった既成事実を踏むとき

 

意識しているのは

 

それを行う前の流れや

 

それを行なったときの相手の反応です。

 

 

 

 

そして、相手の反応については

 

以下の3つに分けて考えています。

 

 

 

〜リアクションレベル〜

 

レベル1)拒絶される

 

レベル2)拒絶しないけど受け入れてない

 

レベル3)受け入れられる

 

 

 

になります。

 

 

 

手繋ぎ、ハグ、キスなど

 

既成事実自体に

 

「それを相手が受け入れるかどうかのハードルの差」

 

があるのはもちろんですが

 

それとは別に個々の行動について

 

これを見ておくのが大切になります。

 

 

 

 

 

 

<レベル1の対応>

 

 

ここからは各レベルについて

 

もう少し詳しく話していきます。

 

 

 

まず始めに

 

レベル1)拒絶される

 

についてです。

 

 

 

これはもうそのままの意味で

 

あなたが行った行動を相手が拒絶する

 

という状態です。

 

 

 

手を繋ぐ

 

⇒その手を払われる

 

スッと手を引き抜かれる など

 

 

 

肩を抱く、腰に手をやる

 

⇒その腕をどけられる

 

「ちょっと」と言って嫌な顔をされ距離を取られる

 

など

 

 

キスをしようとする

 

⇒プイっと顔を反らされる

 

「嫌」と言われ遮られる

 

など

 

 

 

例えばこういう反応が

 

レベル1)拒絶される

 

という反応になります。

 

 

 

相手の女性から

 

これらリアクションが来るということは

 

 

「あなたと相手の間に

 

まだそこまで信頼関係ができていない」

 

 

ということであり

 

 

「相手の好意レベルが

 

まだそれを受けいれる段階に来ていない」

 

 

ということです。

 

 

 

 

こういった拒絶の反応が来た場合は

 

強引に既成事実を取ろうとせずに

 

まずは冷静に

 

その事実を受け止めることが大切になります。

 

 

 

 

 

 

<ワンミスなら取り返せる>

 

 

既成事実と言うのは

 

相手との関係性や距離感を見ながら

 

今、もっとも適切だと思うものをやるわけですが

 

この見極めが毎回あたるとは限りません。

 

 

 

時には相手の食い付きを見誤り

 

上記のような拒絶を受けることもあると思います。

 

 

 

これは人である以上

 

仕方のないことですし

 

誰にでもあるミスです。

 

 

 

なので、大事なのはその後です。

 

 

 

拒絶をもらった後にあなたがどうするか?

 

がその後の展開を決めていきます。

 

 

 

 

 

これまでの経験的に

 

ワンミスなら挽回はできます。

 

 

 

 

既成事実自体の難易度レベルが低ければ

 

一度相手の拒絶を受けたくらいなら

 

それで関係性が切れることは

 

さほど多くありません。

 

 

 

たとえば

 

 

・手を繋ごうとしたときに

 

その手をスッと引き抜かれた

 

 

・肩を抱こうとしたときに

 

スッと距離を取られ避けられた

 

 

くらいのレベルであれば

 

まだいくらでも挽回できるということです。

 

 

 

ここで大事なのは

 

相手から拒絶のリアクションがきたときに

 

意地になったり冷静さを欠いたりして

 

同じ既成事実に何度も挑戦しないことです。

 

 

 

例えば

 

 

アポが終わり店を出た瞬間に

 

相手の手を握ろうとしてダメだった

 

⇒その帰り道に何度も手繋ぎを試みる

 

 

とかですね。

 

 

 

 

アポに来ているのであれば

 

相手は多少なりとも

 

あなたに興味関心を持っています。

 

 

 

だから、それは

 

【現時点では、まだそこまでの関係性ではない】

 

だけです。

 

 

 

 

そして、あなたに求められるのは

 

「相手の自分に対する好意レベルを察知して

 

それに合った行動を取ること」

 

です。

 

 

 

 

「ワンミスなら挽回できる」

 

と言ったのは

 

このワンミスで自分と相手の

 

現時点(このアポの時点)での相手の好意レベルを察し

 

相手との最適な距離感を察して

 

その距離感で行動できれば

 

相手の印象はそこまで下がらない

 

ということです。

 

 

 

 

逆に、ここで

 

「今日のアポでは手を繋ぐと決めていたから」

 

「今日は絶対にキスまでいくと決めている」

 

という風に自分の目的に縛られて

 

相手の好意レベルを無視した行動をし

 

何度も同じ挑戦を繰り返すと

 

相手の好意を大幅に下げます。

 

 

 

 

ワンミスで修正できれば

 

「この人は私の好意の感触を理解できる人だな」

 

となりますので

 

相手は安心しますし

 

その後も恋愛対象の1人として生き残れます。

 

 

 

 

しかし、ここで修正ができず

 

何度も同じ挑戦を繰り返すと

 

「この人は私がこれだけ意思表示してるのに

 

それをまったく理解できない人なんだな」

 

となります。

 

 

 

そして、それは女性の中で

 

 

・怖い

 

・面倒くさい

 

・先々が不安

 

 

という思いに変わり

 

態度をさらにそっけなくしたり

 

連絡を取らないようにするなど

 

より分かりやすい方法で意思表示します。

 

 

 

そして、連絡が取れなくなったり

 

相手の恋愛対象から除外されてしまい

 

連絡しても会えなくなります。

 

 

 

 

あなたはこれを避けなければなりません。

 

 

 

そのためにも

 

レベル1)拒絶される

 

の後の対応を間違えないでほしいと思います。

 

 

 

 

ここまで

 

 

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

 

恋愛の失敗には

 

・食い付きが低いのに

 

 突っ込みすぎて好意を下げ撃沈

 

・食い付きがあるのに

 

 突っ込めず好意を下げ撃沈

 

の2つがある

 

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

 

ということ

 

そして既成事実をやっていく際には

 

 

〜リアクションレベル〜

 

レベル1)拒絶される

 

レベル2)拒絶しないけど受け入れてない

 

レベル3)受け入れられる

 

 

の3つのレベルを意識して

 

相手の反応を冷静に判断し

 

自分の行動を決めていく

 

ということについて

 

まずレベル1の解説をしました。

 

 

 

 

これについては

 

皆、成功と失敗を繰り返す中で

 

徐々に感触をつかんでいくものです。

 

 

 

成功するに越したことはないですが

 

もし失敗したとしても

 

大事なのはその後だということを

 

覚えておいてくださいね。

 

 

 

 

 

 

<レベル2だったらどうするか>

 

 

ここまでは主に

 

レベル1)拒絶される

 

について解説し

 

【ワンミスなら挽回できる】

 

という話をしました。

 

 

 

実際、アポの中で

 

・相手の好意レベルを読み違える

 

・既成事実を取りに行くタイミングを間違える

 

などによって

 

相手から拒絶されることはあります。

 

 

このときにどう対応するかはとても大事で

 

これを間違えてしまって

 

相手と連絡が取れなくなったり

 

次回のアポが取れなくなる人も多いです。

 

 

 

 

そして、これとは別に

 

レベル2)拒絶しないけど受け入れてない

 

の段階でミスをして

 

その先をダメにしてしまう人もいます。

 

 

 

では、この段階にあるときはどうしたら良いか?

 

 

 

 

 

 

<レベル2のときの対応について>

 

 

まず初めに

 

レベル2)拒絶しないけど受け入れてない

 

というのは

 

どういうことかを話します。

 

 

 

これらの既成事実について

 

それが適切だったかを見るのに有効なのは

 

自分がとった行動への相手のリアクションです。

 

 

既成事実を取るときに

 

・好意レベルと行動がマッチしている

 

・タイミングや流れが自然だった

 

などの答え合わせをするには

 

相手のリアクションを見ます。

 

 

 

このときに

 

・拒絶された

 

・受け入れられた

 

というのは

 

わりと誰でも分かるので

 

その後の対応が分かっていれば何とかなるのですが

 

知らないと失敗してしまうのが

 

この

 

レベル2)拒絶しないけど受け入れてない

 

という段階です。

 

 

 

まずは女性の反応には

 

拒絶と許容の間に

 

【拒絶しないけど受け入れてない】

 

という段階があることをよく認識してください。

 

 

 

 

これだけではイメージしにくいと思うので

 

前半と同じように例を挙げて話します。

 

 

 

レベル2)拒絶しないけど受け入れてない

 

という状態とは

 

既成事実を取りにいったときに

 

 

・何かしっくりこない感触がある

 

・自分やその場に空気に違和感がある

 

 

という状態です。

 

 

 

例えば

 

 

 

手を繋ぐ

 

⇒その手を握り返してこない

 

相手の握力を感じない

 

手は繋いでいるけど体の距離が微妙に遠い

 

 

 

 

肩を抱く、腰に手をやる

 

⇒自分とは反対方向の力を感じる

 

その場に留まろうという力を感じる

 

その腕にフィット感を感じない

 

体重を自分に預けてこない

 

 

 

などですね。

 

 

 

レベル1の拒絶とは違い

 

繋ごうとした手を振りほどいたり

 

明確な拒絶の意思表示をして

 

男性側と距離を取ったりはしないものの

 

そこに女性からの

 

「距離を近づけようとする意思」

 

を感じないという状態がレベル2になります。

 

 

 

 

これは実際に体験したことのある人しか

 

たぶん分からない感覚だと思いますが

 

既成事実を取りにいったときに

 

この状況になることは結構あります。

 

 

 

これは決して良い状態とは言えないので

 

しっかりとその後の対応を知っておくことが大切です。

 

 

 

 

 

 

<早合点しないことが大切>

 

 

もし、あなたが既成事実を取りにいき

 

そのときの相手のリアクションが

 

レベル2)拒絶しないけど受け入れてない

 

だった場合

 

あなたが一番注意しないといけないのは

 

【その既成事実が通ったと早合点しないこと】

 

になります。

 

 

 

この時点では

 

明確に拒絶されてはいないので

 

レベル1よりはマシですが

 

 

相手の心理としては

 

 

・拒絶の意思表示にリスクを感じている

 

・そこまでじゃないけど積極的に受け入れるほどでもない

 

 

といったことになっています。

 

 

 

 

まず、ここを理解しておいてください。

 

 

 

前者の場合は

 

男女2人っきりの空間で

 

 

「その既成事実を拒絶したら

 

その後が怖いから流れに任せている」

 

 

というのに近いです。

 

 

 

好意レベルや信頼関係的に

 

断固拒否するレベルではないが

 

受け入れるレベルでもない。

 

 

でも、拒絶すると後が怖いから

 

その場を形だけ相手に合わせている感じですね。

 

 

 

女性は基本的に

 

男性よりも力も弱いし

 

体力もありません。

 

 

だから、男性が力づくできたら

 

女性は抵抗できないわけです。

 

 

 

女性の頭には常にそれがありますので

 

そうならないために

 

拒絶しないという対応を取る子もいる

 

ということです。

 

 

 

 

 

一方で、後者の場合は

 

 

「全力で拒絶するほどじゃないけど

 

まだ積極的に受け入れるほどではない」

 

 

という段階です。

 

 

 

 

これはどちらかと言うと

 

「けっこう普段から

 

男性にこういうことをされることが多く

 

スキンシップ自体への耐性がわりとある」

 

という子だったりします。

 

 

 

こういうときも

 

相手の好意レベルが低い段階だと

 

こちらの既成事実へのリアクションが

 

レベル2)拒絶しないけど受け入れてない

 

という段階になりやすいです。

 

 

 

 

この段階で自分の既成事実が通ったと早合点し

 

次の段階の既成事実へ進もうとすると

 

今度は好意レベルとの関係で

 

同じ相手から

 

レベル1)拒絶される

 

をもらって失敗することになります。

 

 

 

 

 

 

 

<レベル2だったときにすべきこと>

 

 

では、次の段階の既成事実へ進むためには

 

あなたは何をしたらよいか?

 

 

 

これは

 

別の流れで再挑戦することではなく

 

 

「今あなたが行った既成事実を

 

相手が受け入れてくるようになるくらいの

 

好意レベル上げと信頼関係の構築」

 

 

を目指すべきです。

 

 

 

 

あなたが行った既成事実が

 

レベル2で終わってしまったのは

 

「現時点でのあなたと相手の関係性」

 

によるものです。

 

 

 

 

お互いの関係性がもっと深く

 

女性との信頼関係ができていれば

 

その既成事実は通るわけなので

 

そうなるまで自分を磨くしかないんです。

 

 

 

 

そうやって自分を磨いていき

 

自分に対する相手の好意レベルが上がってくれば

 

前は

 

「レベル2)拒絶しないけど受け入れてない」

 

だったリアクションが

 

「レベル3)受け入れられる」

 

のリアクションになります。

 

 

 

そうしたら

 

焦らずに次の段階へいけば良いわけです。

 

 

 

 

これも前回同様に

 

ミスした後の行動が大事です。

 

 

 

相手の好意レベルを読み違えたりして

 

受け入れられると思った既成事実が

 

「拒絶されないけど受け入れられない」

 

の段階だったとしても

 

最悪のパターンである

 

 

「その既成事実を拒絶したら

 

その後が怖いから流れに任せている」

 

 

でない限りはまだチャンスはあります。

 

 

 

そこから無理に既成事実を進めようとせず

 

 

・信頼関係と作ること

 

・相手の好意レベルを上げること

 

 

をしっかりとやっていけば大丈夫です。

 

 

 

 

 

ここまで

 

レベル2)拒絶しないけど受け入れてない

 

について話しました。

 

 

 

レベル2には

 

 

・拒絶の意思表示にリスクを感じている

 

・そこまでじゃないけど積極的に受け入れるほどでもない

 

 

の2つの心理状態があり得る

 

ということを覚えておいてください。

 

 

 

 

そして、この段階では

 

【その既成事実が通ったと早合点しない】

 

ように十分に気をつけてください。

 

 

 

 

 

このレベル2においても

 

 

・相手の好意レベルを読み違える

 

・既成事実を取りに行くタイミングを間違える

 

 

などによって一旦ミスしてしまっても

 

大抵の場合はまだ挽回できます。

 

 

 

しっかりと状況を理解して

 

無理に既成事実を進めようとせず

 

信頼関係作りと好意レベル上げをする。

 

 

 

 

そうすれば

 

同じ既成事実を取りにいったとき

 

「レベル2)拒絶しないけど受け入れてない」

 

だったリアクションが

 

「レベル3)受け入れられる」

 

のリアクションになります。

 

 

 

ここまで来れば次の段階にいけます。

 

 

 

これを繰り返していけば

 

いずれゲットできるし

 

彼女化もできます。

 

 

 

 

既成事実は焦っても積み重ねられません。

 

心の余裕を持って対応していきましょう。

 

 

 

 

それでは、ありがとうございました。


 

 

 

 

   

 

 

 

ナンパ音声解説

【時間帯別】ナンパスポットの選び方

 

 

 

 

【ナンパ成功報告多数!】

「誠実系ナンパ」実践会

 

↓実践会の詳細はコチラから↓

 

 

恋愛全般に関する記事一覧を見る

 

恋愛系総合ブログの記事一覧を見る

 

 

 

行動したいけど、勇気がでないナンパ未経験者の方、必見!

 

 

 

多くのナンパ未経験者が実践し、ナンパで連れ出しや番号ゲットを達成している

 

具体的で分かりやすい

【7段階のコンテンツ】

 

【ナンパ初心者がナンパできるようになるための】
7つの動画&音声セット(合計約90分間)

を期間限定で無料プレゼント中!

 

 

 

No.1)ナンパするための基本マインド編

 

これを知れば自然に結果出るようになる

 

「ナンパで結果が出る人と出ない人の2つの決定的な違い」(動画:14分間)

 

 

 

 

No.2)ナンパのための魅力向上編

 

ナンパで第一印象は超大事!

 

「女性ウケ」するファッションになれる6つのステップ(動画:23分間)

 

 

 

 

No.3)ナンパの具体的な声かけ方法編

 

ナンパ初心者がやりがちな間違いにはまるな!

 

ナンパの第一声に求められる「たった一つの必要十分条件」(動画:12分間)

 

 

 

 

No.4)ナンパする場所の選び方編

 

ナンパする場所選びの2つの必須条件と

 

安全なナンパスポット探しの極意(音声:11分間)

 

 

 

 

No.5)ナンパ実践編

 

多くの人がぶつかる壁

 

「ナンパ地蔵」の2つの具体的な解決法(動画:9分間)

 

 

 

 

No.6)シチュエーションナンパ編

 

電車内ナンパはOKなのか?

 

シチュエーションナンパ可否を判断する明確な基準(音声:14分間)

 

 

 

 

No.7)ナンパ上達編

 

ナンパ成功はイメージが大事!

 

出勤前のキャバ嬢を連れ出した「ナンパ実録音声」配信(音声:13分間)

 

 

 

 

Extra.スタートダッシュ編

 

「ナンパ初心者が最初の1声かけの壁を超えるための具体的方法」と

 

「女性のよくある断り文句への切り返し方法」(PDF形式)<41ページ>

 

 

 

 

 

各ステップで、ナンパ初心者や未経験者が

 

ナンパできるようになるためのノウハウを

 

具体的に説明した動画と音声を収録しています。

 

ノウハウ実践者さんや実地参加者さんへのインタビュー音声も聞いてみてくださいね!

 

 

 

【ナンパ初心者がナンパできるようになるための】7つの動画&音声セットはコチラからゲットできます↓↓

 

 

いますぐ無料で手に入れる

 

 

 

ページトップへ戻る

 

 

恋愛全般に関する記事一覧を見る

 

恋愛系総合ブログの記事一覧を見る

関連ページ

恋愛における男女の違いについて
今回のテーマは「恋愛における男女の違いについて」です!
楽しく読んでくださいね☆
連れ出しで空席のある居酒屋をすばやく見つけて入る方法
今回のテーマは「連れ出しで空席のある居酒屋をすばやく見つけて入る方法」です!
楽しく読んでくださいね☆
ナンパの出会いとネットの出会いの共通点
今回のテーマは「ナンパの出会いとネットの出会いの共通点」です!
楽しく読んでくださいね☆
ナンパ成功のための最短ルート
今回のテーマは「ナンパ成功のための最短ルート」です!
楽しく読んでくださいね☆
女性からの返信率を上げるLINEの設定
今回のテーマは「女性からの返信率を上げるLINEの設定」です!
楽しく読んでくださいね☆
イベントでLINE交換しても返信が来ない理由
今回のテーマは「イベントでLINE交換しても返信が来ない理由」です!
楽しく読んでくださいね☆
ナンパの連れ出しとピンアポの決定的な違い
今回のテーマは「ナンパの連れ出しとピンアポの決定的な違い」です!
楽しく読んでくださいね☆
連れ出しとピンアポの違い(お店の選び方編)
今回のテーマは「連れ出しとピンアポの違い(お店の選び方編)」です!
楽しく読んでくださいね☆
連れ出しとピンアポの違い(待ち合わせ場所から店まで距離編)
今回のテーマは「連れ出しとピンアポの違い(待ち合わせ場所から店まで距離編)」です!
楽しく読んでくださいね☆
なぜ、女性からラインが返ってこないのか?
今回のテーマは「なぜ、女性からラインが返ってこないのか?」です!
楽しく読んでくださいね☆
女性に「モテない男」と思われる人
様々な出会いの場で店員と話したり、周りの男性を観察したり、一緒の席になった女性とも色々と話したりする中で「こういう男性はない」というものに「出会いに飢えている感が出ている男性」「明らかに女性を物色(品定め)している男性」というのがあります。これは正直、良くないです。
自己開示のときに自分の印象を良くする要素【表情編】
ナンパ初心者の方は「表情」「テンション」「声の大きさ」の3つで印象を悪くしていることがよくあります。トークテニックだけでなくこういった部分も実は大事なので、今回のこれについて話します。
自己開示のときに自分の印象を良くする要素【テンション&声の大きさ編】
ナンパに慣れていない初心者のうちは、声は普段よりも少し大きめにテンションはやや高めでいってください。誠実系であってもこの方が良いです。その明確な理由をお話します。
【絶対にやってはいけない】間違ったノウハウ実践法
ナンパで結果が出ない人の原因は様々ですが、今回は1つの例として「色々な人のノウハウを取り入れすぎて逆に結果が出なくなっている」という事例についてご説明します。
初アポでの男女の座り方について
女性とのアポで予約するべきなのは「対面席」か「横並びのカウンター席」か? これに悩む方は多いと思います。 今回はそんなアポでの座り方の話です。
ピンクのコート=ナンパでは即系??
ピンク一色のコーデだとキャバ嬢や即系っぽいイメージってありますよね。 では実際のところはどうなのか? 今回はこういった場合の判断についてお話します。
「自分のキャラ」を確立することの恋愛的メリット
「初アポまでは行けるけどいつも2回目に繋がらない」という悩みを持つ人も多いと思います。 その原因の1つにキャラが伝わっていないというのがあります。 今回はこれのストナンによる改善策について話します。
冬にナンパをする3つのメリット
年末年始などの冬の季節、「寒い」という理由で活動を休止する人も多いですが、実は冬のナンパには他にはない大きなメリットがあります。 今回はそのメリットについて話します。
2人組ナンパの応用が活きる出会いの場と主導権を取るコツ
ナンパ以外の出会いの方法でも、ナンパのスキルを活かせる場面は多いです。 例えば、相席屋や婚活バーなどから二軒目へ移動する際にも、ナンパのスキルが非常に役立ちます。 今回はそんなお話です。
連れ出しをねらった方が良い3つの理由(メリット)とは?
出会いの場における主な選択肢は「連れ出しをして2軒目に行く」「連絡先交換をして後日会う」の2つですが、北本は基本的に連れ出しを狙うことをオススメします。 今回は、その3つの理由について話します。
「近くの店に素早く入る」ではダメな連れ出しパターン
ナンパの連れ出しで大事なのは「最寄りの店にいかに早く入るか」ですが、恋愛全般で見ると、連れ出しの際は常にそれが大事なわけではありません。 今回はそうではない連れ出しについて話します。
「反応が良かったから食事に誘ったのに断られた」その理由とは?
職場の女の子で、自分が話しかけるととても愛想よく話してくれるので「脈ありかも?」と思って食事に誘ったらあっさり断られた。。 なんて経験のある方は今回の事例に当てはまっているかも知れません。
女性にプレゼントをあげるときにまず気をつけるべきこと
「女性へのプレゼント」誰もが一度は考えることだと思います。 でもプレゼントはタイミングや関係性を見誤って渡すと逆に好意を下げる諸刃の剣でもあります。 今日はそんなプレゼントに関するお話です。
「女性に振り回されない」と「空気を読めない」の違いとは?
「モテる男は女性にいちいち振り回されない」これをやろうとして逆に相手の好意が下がった経験はないですか? その原因は振り回されないの意味を間違えているからかも知れません。
会話ネタを一気に増やせるアプリを見つけました
女性との会話ネタを仕入れたいけど、雑誌を読むためのまとまった時間は取れないし、毎月いろいろ買うのはお金がもったいない。 そんな悩みを解決する便利アプリの紹介です。
美人やかわいい子をゲットしたい人が気をつけたいこと
「美人やかわいい子に限ってゲットできない」理由は主に2つあります。 今回は、この2つ理由について、原因と対策を話します。
あなたが結果を出せるナンパ方法
ナンパで結果を出すためには「自分に合ったナンパ方法を見つける」「継続して女性に声をかけ続ける」という2つが必要です。この記事では「自分に合ったナンパ法を見つけるにはどうしたら良いのか?」について、詳しく解説していきます。
福岡小倉の婚活パーティーで一番人気とマッチングしてきました
関西人の北本が福岡小倉の婚活パーティーで一番人気とマッチングした理由を話します。大事なのは事前調査、差別化、キャラの確立です。ポイントを押さえてしっかりと結果を出していきましょう。
若い子から好反応をもらえるオジサンがやっていること
オジサンでも若い子と付き合えている人はたくさんいます。 そこには3つの印象年齢というのが関係しています。 今回のオジサンが若い子から好反応をもらうためにやるべきことをお話します。
若い子ウケするオジサンが見た目改善以外にやっていること
オジサンでも若い子と付き合えている人は見た目改善以外にも「会話のノリ」であったり「相手の子の文化」といった部分もしっかりとシンクロさせています。  このノリ年齢と文化年齢について話します。
優しくしてるのにモテない人のNGなデート行動とは?
優しさを勘違いして好感を下げる人が多いです。女性との初アポで、相手に優しくするつもりで「好きなの頼んでいいよ」と言う。実はこれが好感を下げる原因になっていたりします。真の優しさとは何か?しっかり理解しておいてください。

◆Blog記事一覧◆

◆サイトリンク◆


 
ホーム プロフィール紹介 メルマガ紹介 ナンパ実践会案内 無料レポートDL お客様の声 お問い合わせ