実際のところナンパの成功率はどれくらいなのか?

読者Q&A

 

こんにちは。

 

マジメでおとなしい人でもできる【誠実系】ストリートナンパを実践、指導させていただいています。

 

北本要です。

 

 

 

 

今回もメルマガ読者さんや

 

ナンパ実践会参加者さんからいただく相談について

 

こちらで回答をシェアしたいと思います。

 

 

 

 

<誠実系ナンパの成功率はどれくらい?>

 

 

ナンパ実地講習をしていて

 

参加者さんから非常に多いご質問が

 

「ナンパの成功率ってどれくらいなんですか?」

 

というものです。

 

 

 

ぶっちゃけナンパというのは

 

相手のナンパ属性(ナンパを許容する子か否か)

 

の影響を受けるので日によっても成功率がバラつきます。

 

 

 

すごく結果が出る日もあれば、全然うまくいかない日もあります。

 

 

 

ですが、自分自身も約8年ナンパを継続し

 

ナンパ講習開催数も5年で500回を超え

 

これまで300人以上を教えてきた経験から

 

平均的な数字というのは感覚があります。

 

 

 

それでいくと

 

 

第一成長期を乗り越え安定してきた人

 

⇒25声かけ前後で1人連れ出しや1人LINEゲット

 

 

さらに第二成長期を乗り越え活動している人

 

⇒10〜15声かけで1人連れ出しや1人LINEゲット

 

 

くらいの数字に大体ですが落ち着きます。

 

 

 

 

 

実際、活動報告で

 

「5声かけで1連れ出し!」とか

 

「2人目で連れ出し成功!」とか

 

そういうことも実際にあったりしますが

 

私個人の意見としては

 

ハッキリ言って10人以下はもうバラつきの範囲です。

 

 

 

何故なら、この段階まで来ると

 

 

・その日の何人目でナンパ属性のある子に当たったか?

 

・その日、合計で何人ナンパ属性のある子に当たったか?

 

 

といった部分が結果に影響してくるからです。

 

 

 

そして、これが日によってどうしてもバラつきます。

 

 

 

100%の精度で【属性アリ】の子を見分けて

 

属性アリの子にだけ声をかけるのは不可能だからですね。

 

 

私は「不可能」という言葉はあまり好きではないですが

 

こればっかりは超能力者でもない限り

 

100%見極めるのは無理なので

 

どうしてもある程度の声かけ数が必要になります。

 

 

 

経験上、その最低ラインが10人前後であり

 

悪くても10声かけすれば1人、2人は属性アリの子がいます。

 

 

 

そして、ナンパ初心者でも上級者でも

 

10人、20人とドンドン声をかけていくことは

 

やはり必要であり大事なことです。

 

 

一日で何十人もいかなくても構いません。

 

継続することが大事です。

 

 

 

 

属性のある子に当たるまで諦めないことです。

 

 

 

そして、その後は、その子をいかに取りこぼさないか?

 

 

 

突きつめると、最終的にここの精度の差がそのまま成功率の差になります。

 

 

 

ちょっと分かりにくいかも知れないので

 

ここからは例え話をします。

 

 

 

ナンパのこの部分は野球に例えると分かりやすいです。

 

 

 

つまり

 

 

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

 

ナンパというのはそもそも

 

「投手が投げる全ての球をヒットにする」

 

ということを目指すものではなく

 

「ストライクゾーンに来た球を

 

いかに打ち損じずにヒットにできるか」

 

を追求するもの

 

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

 

 

だと思ってください。

 

 

 

 

いかに優れたバッターでも

 

あからさまなボール球や敬遠球は打てないように

 

どんなに上手いナンパ師でも属性ナシの子が相手では

 

ナンパを成功させることはできません。

 

 

 

断言します。

 

 

・100%絶対に成功する声かけ方法を開発しました

 

・ガン無視率0%の声かけを教えます

 

・どんな子でも確実にオープンできる声かけ方法です

 

 

もし、巷のナンパ師やナンパ講師で

 

こんなことを言っている人がいたら

 

それが「100%嘘」です。

 

 

 

リアルの現場ですでに声かけしている人なら

 

これは分かってもらえると思いますが

 

もし、あなたがまだ実際の声かけ経験がないなら

 

これは絶対に覚えておいてください。

 

 

 

 

 

 

<ナンパ初心者とナンパ上級者の差はどこでつくのか>

 

 

先程の説明の中で

 

 

第一成長期を乗り越え安定してきた人

 

⇒25声かけ前後で1人連れ出しや1人LINEゲット

 

 

さらに第二成長期を乗り越え活動している人

 

⇒10〜15声かけで1人連れ出しや1人LINEゲット

 

 

と言いました。

 

 

 

では、実際のところ、この差はどこで生まれるのか?

 

 

 

それは言うまでもなく

 

【ストライクゾーンに来た球の打ち損じの少なさ】

 

が関係しています。

 

 

 

 

つまり

 

 

「ナンパ属性のある子に当たったときに

 

いかにその子を取りこぼさずに

 

連れ出しやLINEゲットに繋げていけるか?」

 

 

ということの精度の差が

 

「成功率の差を生む一番大きな要因」

 

になっています。

 

 

 

 

そして、この

 

【属性がある子の取りこぼしの少なさ】

 

というのに影響するのが

 

 

・ファッションや髪型などの見た目改善

 

・切り返しや会話展開などのトークテクニック

 

・女性と話しているときの立ち居振る舞い

 

 

などの部分になるわけです。

 

 

 

これらの部分を磨いていくことで

 

属性のある子の取りこぼしが減ります。

 

 

 

 

・素振り=会話練習やノウハウインプット

 

・打席に立つ=女性に声をかける

 

・変化球への対応力=とっさの対応力や切り返しの上手さ

 

・様々な投手との対戦経験=様々なタイプの女性との会話経験

 

 

 

といったイメージです。

 

 

 

 

野球経験のある人は分かると思いますが

 

野球初心者の頃というのは

 

ど真ん中に直球(ストレート)が飛んできて

 

それがチャンスボールだと分かっていても

 

思いっきり空振りしたりファールやゴロにしてしまいます。

 

 

 

相手の変化球にもまったく対応できず

 

変化球が来るとまったくと言っていいほど打てません。

 

 

そしてストライクかボールかの見極めもうまくできないので

 

ボール球に手を出したり見逃し三振を取られたりします。

 

 

 

その一方で野球経験が長い人は

 

ストライクゾーンにさえ来れば

 

直球でもカーブでもスライダーでも対応できるし

 

たまに来る甘い球を見逃すことなくヒットにできます。

 

 

ボール球に手を出すことや見逃し三振も激減します。

 

 

 

 

これと全く同じことがナンパでも起こります。

 

 

 

ナンパ初心者の人は

 

属性アリで自分からもわりと話してくれる子でも

 

連れ出しやLINEゲットに失敗します。

 

 

 

 

そして、ナンパ属性アリの子に当たったときでも

 

相手の言葉に上手く切り返すことができず

 

女性との会話を続けられなかったり

 

「カフェが満席」

 

「相手にこの後用事がある」

 

といった事態に対応できなかったりして

 

属性アリの子でも撃沈してしまいます。

 

 

 

 

また実際の声かけの中で

 

 

・明らかに属性のある子を属性なしと判断してスルーする

 

・属性なしで嫌がっている子に必死に食い下がる

 

 

といった見極めミスをすることもあります。

 

 

 

 

ですが、上級者になってくると

 

属性アリの子に当たれば

 

まったく失敗ゼロではないですが取りこぼしが大きく減ります。

 

 

相手の言葉に対応して柔軟に切り返し

 

とっさの状況にも上手く対応し

 

連れ出しやLINEゲットまでいくわけです。

 

 

 

そして、属性アリと属性ナシもきちんと見極めができるようになってきます。

 

 

 

 

 

 

<取りこぼしを減らしナンパ成功率を上げるには>

 

 

ここまで言えば、もう見えてきたかも知れません。

 

 

 

ナンパで何が一番大事かと聞かれたとき

 

多くのナンパ講師が

 

「女性に声をかけることが一番大事」

 

だと言う理由。

 

 

 

それは

 

 

・自分に合った良い指導者につく=自分に合ったストナン講師に師事する

 

・良い野球道具を揃える=ファッションなどの身だしなみ強化

 

・良い練習環境を持つ=良いストナン仲間がいたり良いスポットで活動している

 

・素振り=会話練習やノウハウインプット

 

・打席に立つ=女性に声をかける

 

・変化球への対応力=とっさの対応力や切り返しの上手さ

 

・様々な投手との対戦経験=様々なタイプの女性との会話経験

 

 

といったことを踏まえた上で

 

 

「野球が上手くなるには素振りだけしていてもダメで

 

実際に打席に立って投手と勝負し続ける必要がある」

 

 

のと同じように

 

 

「ナンパが上手くなるにはノウハウばかり学んでもダメで

 

実際に街で女性に声をかけ続ける必要がある」

 

 

からです。

 

 

 

 

 

これを繰り返していくことで

 

 

第一成長期を乗り越え安定してきた人

 

⇒25声かけ前後で1人連れ出しや1人LINEゲット

 

 

さらに第二成長期を乗り越え活動している人

 

⇒10〜15声かけで1人連れ出しや1人LINEゲット

 

 

という風に段々と結果が安定し、ナンパの成功率が上がってきます。

 

 

 

 

決してラクな路ではないと思いますが

 

だからこそ

 

 

・ライバルが増えず永遠にブルーオーシャン

 

・一度身につければ一生使えるスキル

 

・コミュニケーション力の向上は全ての場で役に立つ

 

・出会いの場の流行り廃れの影響を一切受けない

 

・実物を自分の目で見た上で選べる

 

・出会いの場に出てこないレベルの子とも出会える

 

・完ソロできるようになれば基本的にノーコスト

 

 

といった他には無いような多くのメリットが

 

ストリートナンパにはあります。

 

 

 

 

様々な出会いの方法が溢れる時代だからこそ

 

あえてナンパをやることには価値があります。

 

 

諦めずに行動していきましょう。

 

 

 

さて、ここからは

 

「第一成長期、第二成長期とは何か?」

 

ということも含め

 

この【ナンパの成長期】ということについて

 

さらに詳しく話したいと思います。

 

 

 

 

<ナンパには大きく伸びる2つの段階がある>

 

 

これまでの経験上

 

「ナンパをやっている人が大きく成長するタイミング」

 

というのは2回あります。

 

 

 

それが

 

・第一成長期を乗り越えたとき

 

・第二成長期を乗り越えたとき

 

ということになります。

 

 

 

だからもし、現時点であなたがナンパ初心者だったり

 

なかなか上手く結果が出ていなかったとしても

 

それは今まさに成長期の中である可能性もあるので

 

諦めないでナンパを続けてほしいと思います。

 

 

 

では、この2つの成長期とは何か?

 

 

この話をするにはまず

 

ナンパ初心者の人がナンパ上級者になっていくまでの

 

大まかな流れを話す必要があると思います。

 

 

 

ナンパ初心者の人がナンパ上級者になっていく過程は

 

 

1)様々なナンパノウハウやナンパ講師と出会う

 

2)自分に合ったやりやすい方法やナンパ講師を見つける

 

3)その講師に師事し、講師のナンパを徹底的に学び真似る

 

4)まずはナンパに慣れ、ナンパ経験を積む

 

5)教わったナンパ方法で声かけを繰り返しPDCAを回し続ける

 

6)結果が安定するようになってきたら自分に合った型を追求する

 

7)基礎をベースに自分なりの創意工夫、試行錯誤を繰り返す

 

8)自分に合った自分だけのナンパ声かけスタイルを確立していく

 

9)自分独自のナンパ声かけ方法で結果を量産する

 

 

 

といった感じです。

 

 

 

 

 

いつも言っていることですが

 

ナンパに唯一絶対に正しい方法はありません。

 

 

 

ナンパ講師自身や教え子が結果を出しているなら

 

その方法は1つの声かけ方法として成立しています。

 

 

だから、あなたが意識すべきなのは

 

「自分に合ったナンパ方法を選ぶこと」

 

です。

 

 

 

今の自分の延長線上でナンパしたいのではなく

 

「今の自分を180度変えたくてナンパに挑戦する」

 

という人もいるかも知れません。

 

 

 

それはそれで否定はしません。

 

 

 

ですが

 

・自分をキャラを180度変えるということ

 

・今までやったことのないストナンに挑戦すること

 

この2つをいきなり同時にやるのはオススメしません。

 

 

すでに他方面で成果を出している恋愛上手の人が

 

自分の新しい可能性を追い求めてナンパするならまだしも

 

恋愛全般の初心者の人は止めた方が良いです。

 

 

 

まずは自分に合った方法から入って

 

ナンパに慣れ、ナンパで小さい結果を積み重ねる。

 

 

そうやってナンパ自体に慣れ

 

しっかりと現場経験を積んでから

 

「今の自分とは違うキャラでの声かけ」

 

に挑戦してみるという方が良いです。

 

 

 

 

それで、上記の9つの段階の中で

 

どこが成長期に当たるかというと

 

 

第一成長期

 

3)そのナンパ講師に師事し、講師のナンパを徹底的に学び真似る

 

4)まずはナンパに慣れ、ナンパ経験を積む

 

5)教わった方法でナンパを繰り返しPDCAを回し続ける

 

 

 

第二成長期

 

7)基礎をベースに自分なりの創意工夫、試行錯誤を繰り返す

 

8)自分に合った自分だけのナンパ声かけスタイルを確立していく

 

 

 

ということになります。

 

 

 

 

つまり「第一成長期」というのは

 

 

すでに完成されているナンパの方法の中から自分に合った方法を見つけ実践することで

 

ナンパで結果を出すべく継続して行動しナンパでもPDCAを回し続ける時期

 

 

ということです。

 

 

 

そして、第二成長期とは

 

 

師事するナンパ講師のやり方を実践することで経験を積み

 

自分のキャラや得意タイプが分かってきたら

 

ベースの声かけ方法にオリジナリティを入れていき

 

自分のキャラや雰囲気により合った声かけを追求して、自分の力で創意工夫・試行錯誤を繰り返す時期

 

 

ということになります。

 

 

 

 

どのナンパ講師やナンパ師にも言えることですが

 

人はそれぞれ違います。

 

 

 

誠実キャラ寄りの人、オラオラキャラ寄りの人など

 

ある程度のグループ分けはできても

 

キャラが完全に一致する人はいません。

 

 

 

身長や体格、年齢、職業、見た目も違うし

 

これまで歩んできた人生もまるで違います。

 

 

 

だから、誰かの声かけを徹底的に真似しても

 

「ただ真似しているだけ」では爆発的な成長や結果は出ないんです。

 

 

 

 

真似をすることから入って学ぶのは大事です。

 

 

でも、その先に必ず

 

「自分に最も合った自分独自の声かけ方法」

 

を完成させることを忘れないでください。

 

 

 

 

 

 

<最初は誰かの真似からで良い理由>

 

 

ここまでの話で

 

最終的にナンパで結果を量産するには

 

「自分に最も合った自分独自の声かけ方法」

 

を完成させることが大事になると言いました。

 

 

そう考えると

 

「誰かにナンパを師事するのは意味があるのか?」

 

と思う人もいるかも知れません。

 

 

 

 

これは絶対に意味があります。

 

基礎があっての応用です。

 

 

 

 

ナンパには最も基本的な要素として

 

 

1)マインドセット

 

2)事前準備

 

3)仲間

 

4)ターゲット選定

 

5)トークテクニック

 

6)地蔵

 

 

の6つがあります。

 

 

 

そして、ここには

 

誠実系、オラオラ系、オリジナルの方法など

 

ナンパのやり方は違っても共通するポイント

 

共通する注意点などが存在します。

 

 

 

 

「自分に合った独自の声かけ方法」と聞くと

 

トークの流れだけを想像するかも知れませんが

 

実際にはそうではありません。

 

 

これらすべての要素が大事になります。

 

 

 

・自分のキャラに合ったファッションとは?

 

・自分にキャラに最も食いつきやすいタイプの女性とは?

 

・自分にキャラに合ったトーク展開とは?

 

・自分に合ったナンパ場所とは?

 

 

といったことであったり

 

自分独自の声かけを追求し

 

創意工夫や試行錯誤を繰り返し

 

成功へと向かっていくマインドも大事です。

 

 

 

 

こういった部分は

 

どんな方法をやっていても共通する部分があり

 

その基礎を身に付けておくことは大事です。

 

 

 

そして、それは我流ではなく

 

すでに結果を出している人と行動を共にし

 

それを真似したり話を聞くことで確実に身に付いていきます。

 

 

 

 

第一成長期ではナンパのトークテクニックだけなく

 

 

1)マインドセット

 

2)事前準備

 

3)仲間

 

4)ターゲット選定

 

5)トークテクニック

 

6)地蔵

 

 

といった要素も含めて基礎から学び

 

実際に街に出て声をかけていくと共に

 

この6つの要素のしっかりと確立していく

 

これが大事になります。

 

 

 

 

この基礎部分がしっかりとできていないと

 

【自分独自のナンパ声かけ方法の確立】

 

なんてできないですからね。

 

 

 

だから、最初は誰かに師事してそのやり方を学び

 

真似ることからナンパを始めて欲しいんです。

 

 

 

 

 

 

<第二成長期への扉は自然に開く>

 

 

この第一成長期を乗り越えると

 

ある程度、ナンパの結果が出るようになります。

 

 

基礎が身について地に足が着き

 

ナンパというものが色々わかってくるんですね。

 

 

 

その経験の中で

 

 

・自分が言ってウケが良かったフレーズ

 

・自分が成功しやすいターゲット

 

・自分が成功しやすい街、場所

 

・自分が成功しやすいファッション傾向

 

 

などが何となく見えてきます。

 

 

 

 

膨大な数の女性をストナンする中で

 

自分自身の結果の傾向がつかめて来るんですね。

 

 

 

 

そうすると

 

 

・ウケが良かったフレーズを厳選して使う

 

・自分の得意ターゲットを意識して積極的に狙う

 

・自分が成功しやすい街や場所を本拠地にする

 

・自分が成功しやすい系統の服を揃える

 

 

ということを自然と行うようになります。

 

 

 

その方が実際に結果が出るからです。

 

 

「もっと良い結果が出るように」

 

「もっと成功するように」

 

 

と自分自身で自分のナンパを追求するようになります。

 

 

 

そして、その頃には

 

自分自身が多くの経験を積んでいるので

 

自分の行動の結果を自分で分析して

 

改善点を自分で考え実行できるようになっています。

 

 

 

 

外してはいけないポイントをおさえた上で

 

自分自身でチェックと改善、実践を繰り返す。

 

 

 

この段階が【第二成長期】であり

 

【第一成長期】を乗り越えて活動していると

 

自然とそこへ向かっていきます。

 

 

 

 

そして、この第二成長期を乗り越えたとき

 

あなたは私のように

 

【自分に合った自分独自のナンパ声かけ方法】

 

を確立して街で声かけしているでしょう。

 

 

 

 

 

こういった過程を経るので

 

 

第一成長期を乗り越え安定してきた人

 

⇒25声かけ前後で1人連れ出しや1人LINEゲット

 

 

さらに第二成長期を乗り越え活動している人

 

⇒10〜15声かけで1人連れ出しや1人LINEゲット

 

 

という風に成功率が上がってくるんですね。

 

 

 

 

 

 

今回は

 

「ナンパの成功率はどれくらいか?」

 

「ナンパには2つの成長期がある」

 

という2つのことについて話しました。

 

 

 

 

この2つを乗り越えたとき

 

あなたは最初とは比べものにならないくらい

 

爆発的に成果を出せるようになっています。

 

 

 

 

私があなたに

 

最終的にたどり着いて欲しいのは

 

この領域です。

 

 

 

そして、そこへ辿り着いてもらうべく

 

普段から実地講習などを通してストナンを教えています。

 

 

 

一緒に成長していきましょう。

 

 

それでは、ありがとうございました。

 

 

 

 

   

 

 

 

ナンパ音声解説

【時間帯別】ナンパスポットの選び方


なぜ、ごく一部の男性だけがゲットを量産できているのか?
彼らに共通する【必勝の行動パターン】とは??

 

↓その秘密はコチラから↓

 

Real DEAI Navigator 期間限定 2180円(税込)

 

 

 

 

【ナンパ成功報告多数!】

「誠実系ナンパ」実践会

 

↓実践会の詳細はコチラから↓

 

 

読者Q&Aに関する記事一覧を見る

 

恋愛系総合ブログの記事一覧を見る

 

 

 

行動したいけど、勇気がでないナンパ未経験者の方、必見!

 

 

 

多くのナンパ未経験者が実践し、ナンパで連れ出しや番号ゲットを達成している

 

具体的で分かりやすい

【7段階のコンテンツ】

 

【ナンパ初心者がナンパできるようになるための】
7つの動画&音声セット(合計約90分間)

を期間限定で無料プレゼント中!

 

 

 

No.1)ナンパするための基本マインド編

 

これを知れば自然に結果出るようになる

 

「ナンパで結果が出る人と出ない人の2つの決定的な違い」(動画:14分間)

 

 

 

 

No.2)ナンパのための魅力向上編

 

ナンパで第一印象は超大事!

 

「女性ウケ」するファッションになれる6つのステップ(動画:23分間)

 

 

 

 

No.3)ナンパの具体的な声かけ方法編

 

ナンパ初心者がやりがちな間違いにはまるな!

 

ナンパの第一声に求められる「たった一つの必要十分条件」(動画:12分間)

 

 

 

 

No.4)ナンパする場所の選び方編

 

ナンパする場所選びの2つの必須条件と

 

安全なナンパスポット探しの極意(音声:11分間)

 

 

 

 

No.5)ナンパ実践編

 

多くの人がぶつかる壁

 

「ナンパ地蔵」の2つの具体的な解決法(動画:9分間)

 

 

 

 

No.6)シチュエーションナンパ編

 

電車内ナンパはOKなのか?

 

シチュエーションナンパ可否を判断する明確な基準(音声:14分間)

 

 

 

 

No.7)ナンパ上達編

 

ナンパ成功はイメージが大事!

 

出勤前のキャバ嬢を連れ出した「ナンパ実録音声」配信(音声:13分間)

 

 

 

 

Extra.スタートダッシュ編

 

「ナンパ初心者が最初の1声かけの壁を超えるための具体的方法」と

 

「女性のよくある断り文句への切り返し方法」(PDF形式)<41ページ>

 

 

 

 

 

各ステップで、ナンパ初心者や未経験者が

 

ナンパできるようになるためのノウハウを

 

具体的に説明した動画と音声を収録しています。

 

ノウハウ実践者さんや実地参加者さんへのインタビュー音声も聞いてみてくださいね!

 

 

 

【ナンパ初心者がナンパできるようになるための】7つの動画&音声セットはコチラからゲットできます↓↓

 

 

いますぐ無料で手に入れる

 

 

 

ページトップへ戻る

 

 

読者Q&Aに関する記事一覧を見る

 

恋愛系総合ブログの記事一覧を見る

関連ページ

声をかける前に女性に勘付かれることが多くて困る
「相手に気付ないようにするにはどうしたら良いですか?」 これは、「一ヶ所に立ち止まらずに歩きながらターゲットを探す」「ターゲットを見つけてから声かけまでを素早く行う」この2つを行うことでかなり解決します。
女性から離れるときの見極め
「ストナンで相手の反応が微妙なときに女性から離れるのって、何で見極めてるんでしょうか?」これは、それまでの経験や慣れによって感覚的にわかってきます。
どの時間帯にナンパするのが一番いいですか?
「どの時間帯にナンパするのが一番いいか?」これについては「時間帯」「場所」「ターゲット」の3つの要素を一緒に考えることで最適な答えが見つかります。
連れ出しやアポのときは男が奢るべきなのか
食事代の「奢り」については、ナンパの連れ出しについては「連れ出しの際は奢っておく」で良いです。対して通常のアポの場合は「奢っておくことで好意が上がる」女性だと判断できるかどうかで決めれば良いです。
会計時に女性がとる3つの行動パターン
食事代の「奢り」について、会計時に女性がとる行動から、女性のタイプは3つに分けることができます。今回は、そのそれぞれのタイプについての立ち回りについて書きます。
割り勘になったら女性に幾ら出してもらったらいいか?
デートやアポの支払い1つにしても、自分なりの方針を持っている方が自信を持って堂々と臨めます。 そして、そういう自分に自信のある、いざというときに頼れる、決断力のある男性を女性は本能的に求めるので、ぜひ、そこは意識してほしいと思います。
ネガティブな断り文句がきたときの引き際の見極め方
今回いただいたご質問のように、女性に声をかけると「大丈夫です」「間に合ってます」「忙しいです」と言われることは結構あります。今回は、こういう断り文句がきたときの対処についてお答えします。
マスクしてる人ってナンパできるの?
「マスクしてる人ってどうなの?」ということを考えたとき、きっと多くの人が気になることは「なぜ、その女性はマスクをしているのか?」ということだと思います。この理由も含め、マスクをしている人に声をかけるべきかどうかやターゲット選定の基本方針についてお話します。
ナンパするかしないか迷う状況での立ち回り
実践会に参加されたことのある方から「声かけ時のシチュエーション」について質問がありました。似たような悩みを持つ人がいると思うのでこの場で回答をシェアしようと思います。
仕事と出会い(ナンパ)のどっちを優先すべきか?
仕事の関係で地方に住むことになり、周りに出会いの場がなく、女性もいない。でも出会いは何とかして作りたい。そんなとき、仕事と恋愛のどっちを優先すべきか?今回はそんな悩み相談をもらっています。
「今、何やってるんですか?」と聞くのはアリかナシか?
ナンパで反応があった子に対して、第一声の次に言うフレーズ。ここで、「何しているんですか?」は聞かない方がいい一方で、そのままでは自己開示では不自然な気もする。今回は、こんな相談に対してお答えします。
連絡先交換の前後にやるべきこと(前編)
ナンパで死に番を回避するにはどうしたらいいか?そもそも連れ出しをする理由は「次回のアポを取りやすくするため」です。よって、現場では連れ出しが無理なら番ゲに切り替えていきます。今回はそんなお話です。
連絡先交換の前後にやるべきこと(後編)
「ナンパで死に番を回避するにはどうしたらいいか?」の話の後編です。 相手の食いつきがまだ弱いときには大事なのは「いかに相手がアポに来やすい状況を作りだすか?」です。 今回は前回の続きでそんなお話です。
連れ出ししてアポが取れたらどうするか?
今回は連れ出しに成功した方からの質問に回答します。ナンパは連れ出しが最終地点(ゴール)ではありません。実際に連れ出しができた後にどうするか?も大事ですので、今回はそんなお話です。
自己開示で話を盛るのはアリなのか?
女性と話をする中で、自分の自己開示について話を盛ったりするのはアリかナシか? 話を盛ることに抵抗のある人もいると思いますが、多少なら盛っても構わないと私は思います。 今回はそんなお話です。
並行トークを有利に進められるポジションはどこ?
ナンパで並行トークには入れたとき、自分はどのポジションで話すのが良いのか? こういう疑問を持つ人は少なくないと思います。 これにはオススメの位置がありますので、今日はそれをお話します。
相手の返答が「はい」や「いいえ」でしか返ってこない人の改善策
「相手との会話を広げられない」「相手の警戒心が下げられない」という悩みについて、ナンパ講習参加者さんの質問に回答しました。ぜひ参考にしてくださいね。
待ち合わせがある子は、どこまでなら並行トークしても平気なのか?
今回は「待ち合わせがある」という子との並行トークに成功した後、どこまでならついて行っても良いのか?その引き際についての質問に回答しました。ぜひ参考にしてくださいね。
ナンパ初心者の出撃頻度と声かけ目標人数について
ナンパ初心者の人は週に1回以上の頻度、そして1回あたり最低10人を目安にナンパをしてください。これがナンパ初心者がナンパを上達させる上で行動量の目安です。詳しい理由については記事本文で詳しく説明します。
ナンパで本名や年齢を正直に言っても平気なのか?
ナンパで女性に声をかけたとき、自分の本名や年齢を正直に言うか悩む人もいると思います。 まず名前に関しては偽名ではなく、あなたのあだ名を教えて読んでもらってください。 その方法について話します。

◆Blog記事一覧◆

◆サイトリンク◆


 
ホーム プロフィール紹介 メルマガ紹介 ナンパ実践会案内 無料レポートDL お客様の声 お問い合わせ